水出しコーヒー最強対決!ドリップ型VSポット型

どうもこんにちは!

昨日新しく買ったハリオの水出しコーヒーポットをレビューしたんですが、
元々持っていたドリップ式の水出しコーヒー器と味が結構違ったんです。

実際にどれくらい味が違うんだろうか?
そう思うといてもたってもいられなくなって、比較実験しました。

実験の条件

1.実験器具

味の比較をするのは、2つのコーヒー器具より抽出されたコーヒーです。

CIMG1660

左側がiwaki ウォータードリップコーヒーサーバー
右側が、ハリオ 水出しコーヒーポットです。

どちらとも水出しコーヒーを作る器具ですが、抽出方法が違います。
左側の方は、水を豆にポタポタと落としていく方式ですが、
右側はコーヒー豆に水を浸けて放っておく方式です。

2.使用したコーヒー豆

使用した豆は、澤井珈琲のブレンド・フォルティッシモです。

CIMG1661

これは安いのに美味しい深煎りのコーヒー豆です。

今回は器具の抽出力とコーヒーの味を比較したいので、
水の量と豆の比率は同じにしてコーヒーを抽出しました。

抽出開始

それでは早速コーヒー豆と水を器具に入れてセッティングします。

CIMG1662

左側のドリップ式は約4時間で水が全て下に落ちて完成です。
右側のポットの方は、約8時間冷蔵庫に入れておくだけです。

今回は、ドリップ式の方は説明書通り常温で水をドリップして、
終了したら4時間冷蔵庫に入れました。

8時間過ぎて両方が出来上がったら、更に一晩冷蔵庫の中で眠らせました。

水出しコーヒーの完成!

ようやく出来たのがコレです。

CIMG1664

左:ウォータードリップサーバー、右:水出しコーヒーポット

色が全然違います。
ドリップしたほうが色が濃くて、香りも爽やか。
コーヒーポットの方も香りは悪くないんですが、雑味臭があります。

そして味は・・・
ドリップした方は、味が濃くて、深くていのにサッパリした最高の味。
コーヒーポットの方は、ちょっと雑味があって、味自体も薄め。

コーヒーポットも美味しいんですが、ウォータードリップには敵わない。
妻にも飲んでもらいましたが、同じ意見でした。

結果

今回の実験では、ウォータードリップサーバーの圧勝です。
使った豆や水と豆の比率は全く同じなのに、明らかに違う味ができました。

これから我が家ではウォータードリップ式が主流になりそうです。
水出しコーヒーポットは・・・・水出しのお茶の抽出に使うかな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA