ドイツで買ったスープ、「Chinese Groentesoep」を飲んでみる

まだまだ続くドイツで買ったスープシリーズ!
今回はHONIGというメーカーの「Chinese Groentesoep」です。
邦訳すると、中華風野菜スープ。
さてさてどんなお味でしょうか?

まずはパッケージ。

CIMG1751

こんな箱に入っていました。
写真のスープを見ても、中華風に見えない・・。
でも作る!

CIMG1752

出来たのがコレです。
ちょっと分かりにくいですが、結構野菜が入っています。
そして、うどんみたいなヌードルも入ってます。

味は・・・あんまりおいしくない。
中華スープを期待したんですけど、あくまでもドイツ人の味覚に合わせた
中華風のスープですね。

ちょっとコレはイマイチだったなぁ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA