島根のご当地パン、コーヒーバラパンを食べてみた!

どうもどうも。
今日は嫁さんが買ってきたパンのレビューです。

その名前は「コーヒーバラパン」

cimg4666

名前を聞いても一言では理解できず。
でも形を見て理解できました。なるほど薔薇の形なのね。

でもよくよく考えると「コーヒーバラパン」の名前の中に3つの言語が混じってる!

コーヒー:英語
バラ:日本語
パン:スペイン語

まぁそんなことはどうでもいいか。

cimg4667

袋から出すとこのようにパンがバラのようになっています。
外側からちぎって食べていくと、最初はクリームが少なめなのですが、
段々とクリームの量が多くなるように作られているみたいで、
味の変化を楽しむことが出来ます。

味の方は「昔ながら」感が強いです。
パン自体は見た目以上にゴワゴワ系。
でもまた食べたくなる不思議なパンでした。